<東京暮らし(10)>「里親」の喜びと苦労

2019年4月28日 12:00

<文 中島早苗(東京新聞情報紙「暮らすめいと」編集長)>

里親として子どもの養育を34年にわたって続けている、八王子市の坂本洋子さんのことは、東京新聞本紙で知った。里親の苦労は、制度や実態を詳しく理解していない自分でも想像に難くないが、当事者から、実際の日々の暮らしや喜び、問題点などを聞いてみたいと思った。

そこで、これまで18人の子どもを育て、今も5人の里子と暮らす坂本さんに、ファミリーホームでもあるご自宅を訪ねたいと取材を申し込むと、快諾してくれた。

坂本洋子さん(左)。14歳のお姉ちゃんと甘える5歳の男の子は仲睦まじい
坂本洋子さん(左)。14歳のお姉ちゃんと甘える5歳の男の子は仲睦まじい

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ