丸亀城スタンプラリーが天才的アイデア 色の違うスタンプ、「版画」のように重ね押しすると...

2019年4月20日 08:00

香川県丸亀市にある丸亀城で行われているスタンプラリーが話題になっている。

城内を巡りながら一枚の台紙にスタンプを重ねて押していくと、美しい丸亀城が完成するという仕掛けだ。こちらの画像をご覧いただくと、わかりやすいかもしれない。左上が最初の段階で、右下が完成版だ。

スタンプを重ね押しすると、丸亀城が完成する
スタンプを重ね押しすると、丸亀城が完成する

最終工程で、思わず「オオオオッ!」と声が出るほど感動的だ、などとツイッターに投稿され、大きな反響を呼んでいるのだ。

いったいどんなスタンプラリーなのだろう。Jタウンネット編集部は、丸亀市に詳しい話を聞いてみた。

目的は「石垣修復の応援」

実物の丸亀城と、完成した台紙を見比べる(丸亀市観光協会公式インスタグラムより)
実物の丸亀城と、完成した台紙を見比べる(丸亀市観光協会公式インスタグラムより)

電話で答えてくれたのは、丸亀市産業観光課の担当者だ。

「スタンプラリーの台紙のサイズは、はがきの大きさです。まず丸亀城内観光案内所のおみやげショップで、台紙を1枚200円で購入していただきます。最初のスタンプは、観光案内所で押していただきます。専用のスタンプ台が用意されているので、台紙をきちんと差し込めば、スタンプするだけです。スタンプの色はオレンジ色です」

1回目のスタンプはオレンジ色
1回目のスタンプはオレンジ色

上の写真が、その結果だという。たしかに何か押されているが、ちょっと......、大丈夫だろうか。しかし、城内の太鼓門の中に設置された2個目のスタンプを押すと...。

2個目のスタンプは青色
2個目のスタンプは青色

こちらの写真のように、青空がくっきりと刷られている。さらに、天守閣1階にある3個目のスタンプを押すと...。

3個目のスタンプは緑色
3個目のスタンプは緑色

樹々の緑が刷られている。そう、城の中を見学しながら、重ね押しして回るのだ。現在は天守閣の3階に設置された4個目のスタンプは薄墨色だ。

4回目のスタンプは薄墨色だ
4回目のスタンプは薄墨色だ

4個目のスタンプは、近日中に城内の別の場所に移動するかもしれないという。

「実は、昨年夏の豪雨で石垣が崩落しました。その現場が見渡せる城内グラウンドに、ブースを移動する予定なのです。美しい石垣が完成するよう応援していただきたいというのが、このスタンプラリーの目的の一つなのです」(担当者)

丸亀城の石垣は、崩れた石垣の応急対策工事を行っている。いずれ本格的な復旧工事に着手する予定だ。台紙の売り上げの一部は、石垣修復応援募金に充てられるという。

5個目のスタンプ、黒を押すと、完成だ
5個目のスタンプ、黒を押すと、完成だ

5個目のスタンプは、市立資料館の中だ。スタンプの色は黒。黒が加わることで、上の写真のように見事な石垣の丸亀城が完成する。

丸亀城の4層に積み重ねられた石垣は、約60メートルと日本一の高さを誇っている。その見事な曲線は「扇の勾配」と呼ばれている。丸亀城の築城は1597年(慶長2年)といわれ、400年以上の歴史を持つ。白亜の天守は、全国でも珍しい木造天守だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ