「刑務所産」あえてアピール、いまやブランドに 大人気「マル獄シリーズ」誕生秘話

2019年3月17日 17:00

いま話題のグッズをご紹介しよう。

表地は中厚紺帆布や和柄の生地を使用したシンプルなデザインの小袋。内側は厚みのあるキルティング加工生地で、しっかりとした丈夫な作りになっている。上部にフック、裏面にはベルト通しが付いているので、使い勝手も良さそうだ。

刑務所の小袋(画像提供:公益財団法人矯正協会のオンライン通販サイト「CAPIC」、以下同)
刑務所の小袋(画像提供:公益財団法人矯正協会のオンライン通販サイト「CAPIC」、以下同)

中央のラベルには、丸で囲った「獄」の字が大きくデザインされている。「はこだて」「PRISON」といった文字も読み取れる。はっきり言って、かっこいい。そう、これは函館少年刑務所の受刑者が刑務作業で作った製品で、大評判のヒット作「マル獄シリーズ」の一つだ。

しかし、刑務所で作られたことを前面に打ち出したこのシリーズ。いったい、どういう経緯で生まれたのだろうか? Jタウンネット編集部が、考案者の話を聞いた。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ