<東京暮らし(9)>ル・コルビュジエ展

2019年3月 3日 12:00

<文 中島早苗(東京新聞情報紙「暮らすめいと」編集長)>

世界遺産に認定された国立西洋美術館で、開館60周年記念の展覧会「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代」が開催されている(5月19日まで)。

1959年6月に開館した、上野の世界遺産・国立西洋美術館
1959年6月に開館した、上野の世界遺産・国立西洋美術館

ル・コルビュジエは言わずと知れた20世紀を代表する建築家で、アメリカのフランク・ロイド・ライト、ドイツ出身のミース・ファン・デル・ローエと並び、近代建築三代巨匠の一人に数えられている。日本では唯一の作品となったこの国立西洋美術館の設計も手掛けた。

しかし今回のル・コルビュジエ展は、建築がメインではない。建築家として世界的に有名になる前、主に1920年代の彼の原点となった絵画作品や出版物などが中心に展示されているのである。同時代に彼が影響を受けたり交流したりした芸術家の作品も、あわせて約百点展示。第一次世界大戦直後、パリでル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼のつくり出した世界遺産建築の中で体感できる展覧会となっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ