まるで「武士語」と思ったら...実は富山弁! 「乗っていかれよ」誤解に爆笑

2018年11月 6日 15:30

富山県民にとってはお馴染みの方言が、ネットユーザーの間でまさかの誤解を招く騒ぎがあった。

富山県民にはお馴染みだけど...
富山県民にはお馴染みだけど...

発端となったのは、2018年10月31日に富山市内で起きた声かけ事案だ。車に乗った不審な男が、道を歩いていた女子高生に向けて、

「乗っていかれよ」

と声をかけたというのだ。

このフレーズが、ネット掲示板「5ちゃんねる」上で話題に。どこか時代がかったような印象も受ける言葉に、

「お侍さんかな」
「現代の文化を勘違いして覚えてるんやろなぁ」
「タイムスリップしてきた武士が現代人の喋り方真似したのかな」

などと茶化すようなコメントが相次いで寄せられたのだ。

だが実は、この「いかれよ」という呼びかけ、富山では一般的なフレーズだという。これは「~しなさい」などの意味をもつ方言で、男は「乗っていきなさいよ」と声をかけただけだというのだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ