「被災地を観光する」岩手県陸前高田市【前編】:傷跡から記念公園へ 原風景を失った街が目指す姿

2018年6月13日 17:00

[文・写真 中丸謙一朗(コラムニスト)]

   1977年に公開された『遠すぎた橋』(監督・リチャード・アッテンボロー)という戦争映画がある。第二次世界大戦中に行われた連合軍の「マーケット・ガーデン作戦」を、ロバート・レッドフォード、ジーン・ハックマン、ショーン・コネリーなど、豪華キャストで描いた米英合作の超大作である。当時、中学生になったばかりの筆者をこの映画に連れて行ってくれた人物が、今回の旅の案内人である。

   中丸勝典氏は現在、陸前高田市役所の農政課に勤務している。彼は神奈川県大和市役所に籍をおくが、2011(平成23)年の東日本大震災を機に、職員の足りなくなった陸前高田市役所の「派遣部隊」として、2年以上に渡ってこの地で勤務している。最初に私事を告白しておく。この案内人は筆者の6歳年長の縁戚関係にあたる人物である。

   未曾有の被害を及ぼした東日本大震災からはや7年の月日が経った。震災とそれに次ぐ津波は、宮城、岩手、茨城など各地に甚大な被害をもたらした。なかでも岩手県沿岸部の都市・陸前高田市は、死者1752人と県内でも最大級、全体でも宮城県石巻市の3553人の次ぐ被害の大きさであった。また同時に、陸前高田市は100人以上の市役所職員も失った。住民の安全と大事な情報を預かるきめ細やかな業務が求められる地方公務員には、ハイレベルのモラルと職務能力が求められる。そこで陸前高田市は全国の市町村へ応援要請をし、各自治体からの派遣職員を募った。今回の旅の案内人は、その派遣職員のひとりなのである。

   復興過程の被災地・陸前高田の現在の状況は? かつて賑やかだった南向きの明るい街は震災で何を失い、何を取り戻そうとしているのか。遠方からやってきた行政マンの目に映ったこの街の姿は? はじめて訪れた筆者が感じたこの街の「構造」とは? そんな疑問に、7年後の視点から静かに迫ってみたいと思った。

「特集」の最新記事

2018/10/11 19:16

2018年10月11日、東京都江東区の豊洲市場が開場した。6日で営業終了となった築地市場(中央区)からの移転となり、朝から現地は大にぎわいだったようだ。...

2018/9/24 20:00

九州北部でワイン造り。あまりイメージがないが、福岡県北九州市で、いまブドウ栽培から取り組んでいるワイナリーがある。...

2018/9/12 06:00

コンビニエンスストア店内には通常、食品や日用品など物販コーナー以外に、銀行ATMといった日常生活を過ごすうえで欠かせないサービス機器のコーナーがある。...

東京都 最新記事
2018/10/16

上の写真をご覧いただきたい。寝そべっているのはネコだ。これはネコ専用の家具で、「ネコ家具」と呼ばれている。まるで人間用かと思うほどの精巧な仕上がりのソファ...

2018/10/15

2018年10月に投稿されたあるツイートがきっかけで、「タンメン」の話題が盛り上がっている。「『お前に食わすタンメンはねぇっ!』ってギャグは知ってるけど、...

2018/10/15

投稿者のペットの額に、とんでもないミラクル(?)が起こり、爆笑を集めている、こんなツイートが2018年10月4日に投稿され、話題になっている。ではここで、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ