吹奏楽部OB涙...「聖地」普門館が解体へ 「やっぱりあの黒床は特別だった」

2018年3月24日 14:00

2018年3月22日、「吹奏楽の聖地」として音楽ファンの間で親しまれてきた、東京都杉並区の「普門館」がこの冬にも解体される、と朝日新聞デジタルが報じた。

「普門館」は1970年完成の、5000人収容大型ホールだ。全日本吹奏楽コンクールの会場として初めて使われたのは1972年。1977年以降は、中学校、高校の部が開かれ、「吹奏楽の甲子園」とも呼ばれ、吹奏楽の聖地として知られていた。

ツイッターには、かつて「普門館」で演奏した経験を持つ音楽ファンを中心に、吹奏楽ファンからさまざまな声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ