「田舎生まれの自分には選択肢がなかった」 YouTuberヒカル、非大卒就活生にアドバイス

2018年3月 6日 13:00

インフルエンサーマーケティング事業を手掛けるVAZ(バズ)は2018年3月3日、本社オフィス(東京都渋谷区)で、中卒、高卒、高専卒、専門卒、大学中退などの「非大卒者」を対象にした「バズキャリ就活」を開催した。

同社の就活支援サービス「バズキャリア」による、企業と参加者のマッチングイベントで、18日にも行われる。7000人の応募者から選ばれた120人(両日合わせて)が、自己PRやワークショップを通して、参加企業にアピールした。

IT企業で働く未来は「描けなかった」

自身の体験談を語るヒカルさん(以下、2018年3月3日、Jタウンネット撮影)
自身の体験談を語るヒカルさん(以下、2018年3月3日、Jタウンネット撮影)

イベント冒頭には、同社所属のYouTuber、ヒカルさん(26)による講演も行われた。兵庫県出身で「田舎で生まれて、田舎で育った」というヒカルさんは、参加者に向けて、こう語りかける。

「田舎ではIT企業で働いている人がいないので、IT企業で働くことは選択肢になかった。そんな未来は描けなかったんですよ、田舎ってだけで。生まれたところが違うだけで、(職業の)選択が限られているのが現状だと思います」

その現状を変えて、選択肢を与えるべく、17年6月に生まれたのが「バズキャリア」だ。就活といえば、一般的に大卒のイメージだが、こちらは18歳から29歳までの「非大卒」を対象にしている。スマートフォン用アプリで、キャリアカウンセラーとチャットでの進路相談を行い、場合により対面でも面談を行いながら、内定獲得までをサポートする。

イベント前に行われた記者会見で、森泰輝社長は、非大卒の求職がハローワーク頼みになっている現状を「国営化されているような状態」と表現しつつ、民間サービスである「バズキャリア」の概略を説明した。

「バズキャリア」について説明する森社長
「バズキャリア」について説明する森社長

今後は地方開催も

「バズキャリ就活」の会場には、福島や愛媛など、遠方からの参加者もいたが、これから東京以外での開催もあるのだろうか。Jタウンネットの質問に対し、森社長は、

「ヒカルを含めて、うちのタレントは、全国にまんべんなく影響力がある。求職で悩んでいる子たちをより多くサポートできるように、地方開催は必須だと思っています」

と語る。加えて、地元で働きたい人のニーズに、どうこたえていく予定か聞くと、

「そこについては、全力でサポートしていこうと思う。僕ら自体がお客さんを探しに行くというのもそうですし、既存の『地元に強い人材会社さん』との連携も含めて進めていきたい」

とのことだった。

town20180306123314.jpg

東京都 最新記事
2018/10/17

2018年10月16日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)で、タマゴサンドの「地域差」がクローズアップされる一幕があった。 タマゴサンドの専門家とし...

2018/10/17

2018年のプロ野球もレギュラーシーズンを終え、クライマックスシリーズ真っ最中。セ・リーグのファーストステージでは読売ジャイアンツ・菅野智之投手がポストシ...

2018/10/17

オーストリアと日本の国交樹立から150周年を記念して、ウィーン美術史美術館のコレクションを中心に構成される展覧会。ヨーロッパのみならず世界最大規模の領地を...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ