「その発想は無かった」 JR北海道「スマホ定期券」は、ICじゃなくて「駅員に見せる」方式

2018年1月20日 22:00

2018年1月17日、JR北海道はスマートフォンアプリを利用した「スマホ定期券」のサービスを、4月1日から開始すると発表した。定期券面はアプリ上に表示され、乗降時に定期券の内容を係員に提示する。利用客はアプリで購入し、クレジットカードや、コンビニなどでの支払いが可能だ。

利用エリアは、石北本線西留辺蘂(にしるべしべ)~網走間、釧網本線緑~網走間。ICカード乗車券のエリア外で、有人駅が少なく、定期券の購入に手間がかかる区間だ。

「スマホ定期券」表示イメージ(北海道旅客鉄道公式ウェブサイト内プレスリリースより)
「スマホ定期券」表示イメージ(北海道旅客鉄道公式ウェブサイト内プレスリリースより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ