昭和の灯がまたひとつ... 京阪・石坂線の「ツートーンカラー車両」に惜別の声が止まらない

2018年1月21日 11:00

関西の私鉄・京阪電車のシンボルカラーとして親しまれてきた、若草色(ライト・グリーン)と青緑色(ダーク・グリーン)のツートーンカラーが消え去ろうとしている。

京都と大阪を結ぶ京阪線のカラーリングは、2008年から2013年にかけ一新された。しかし昭和レトロの香り漂うツートーンカラーの車両は、滋賀県大津市を走る石山坂本線(石坂線)で存続してきたのだ。その姿の見納めも、いよいよ2020年度末までとなった。

この話題を京都新聞(WEB版)が18年1月16日に取り上げたため、ツイッターには、「昭和グリーン」への惜別の声が寄せられている。

「子供の頃から憧れがまた終わります」「寂しいなぁ」

京阪石山坂本線浜大津駅前交差点(: : Ys [waiz] : :さん撮影、Flickrより)
Keihan Ishiyama Sakamoto Line 浜大津駅前交差点 京阪石山坂本線

「やっぱり この色がしっくりくるやんか」「......京阪には頑張ってほしいなあ」などといった感想が目についた。「まだ残ってたのか、もう消えるのか」「子供の頃から憧れがまた終わります」「寂しいなぁ」「子どもの頃 大好きだった」といった地元の人からの声が相次いだ。

「せめて一編成だけでも残してほしいな」という希望も......。「平成」という時代が終わろうとしている今、ひたすら「昭和」を懐かしむ人々がここにもいる。「昭和」がだんだん遠くなっていくのを実感する。

京阪・石山坂本線(DVMGさん撮影、Wikimedia Commonsより)
京阪・石山坂本線(DVMGさん撮影、Wikimedia Commonsより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ