築98年!大正期の洋館風建築「松葉屋旅館」、ゲストハウスとして再生

2017年10月10日 11:00
屋上のドームは大町のシンボル(画像はすべて「松葉屋ゲストハウス」提供)
屋上のドームは大町のシンボル(画像はすべて「松葉屋ゲストハウス」提供)

長野県大町市といえば、県北西部に位置し、JR東日本大糸線の沿線、立山黒部アルペンルートの長野県側玄関口として知られている。市の西部には、標高3000メートルを超える北アルプスの山々が連なり、登山・トレッキングなどの他、アウトドアスポーツの拠点として有名だ。

この大町市に、1919年(大正8年)に建てられた洋館風建築で知られる松葉屋旅館があった。約6年前に廃業したこの旅館が、2017年10月1日、「松葉屋ゲストハウス」として営業を再開して、話題となっている。

Jタウンネットは大町市の「松葉屋ゲストハウス」に電話して、話を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ