アニメ「らき☆すた」から10年、聖地・鷲宮はどうなったか調べてみたら...→まだまだ全然元気だった

2017年3月18日 11:00

2017年3月3日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

鷲宮とは、埼玉県久喜市にある地名で、お酉様の本社「鷲宮神社」で知られている。だが近年はむしろ、「らき☆すた」の聖地としての方が有名だろう。2007年のアニメ化以来、多くのファンが押し寄せ、オタクカルチャーによる町おこしの象徴的存在としてその名をとどろかせた。

しかし、アニメ放映からもう10年である。上記のツイートにあるのは、神社の門前に店を構え、ファンの間で親しまれた「大酉茶屋」。閉店の理由は定かではないものの、この報に触れた人々からは、隔世の感を嘆く声が相次いだ。「聖地」鷲宮は、今どうなっているのだろうか。Jタウンネット編集部は地元に電話して話を聞いてみることにした。

鷲宮神社初詣客は9万人から47万人に......

鷲宮神社(Ocdpさん撮影、Wikimedia Commonsより)
鷲宮神社(Ocdpさん撮影、Wikimedia Commonsより)

電話で答えてくれたのは、久喜市商工会鷲宮支所の松本真治さんだ。

「大酉茶屋の閉店に関しては、商工会は直接関与していないので、お話しできません」と松本さん。「鷲宮地区の町おこし全般についてなら......」とのことで、2007年「らき☆すた」放送開始以来、現在までの観光客数の推移について聞いてみた。

例えば「鷲宮神社」の正月三が日の初詣客については、「放送以前は約9万人だったのですが、2008年は一気に約30万人になりました。2009年は約42万人、2010年は約45万人、2011年は約47万人とどんどん増え、現在も同じような状況で推移しています」と松本さんは語る。初詣客数では、埼玉県内で第2位とのこと。

「年末に東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット(コミケ)に参加した全国のアニメファンの皆さんが、年明けに鷲宮神社を訪ねて初詣をするというコースが、定着しているようですね」と松本さん。一般参詣客の中に、コミケ経由と一目で分かる若い男性の姿が混在しているのが、この地区ならではのお正月風景だ。

「お正月以外にも、地元で行われるお祭りや行事・イベントに参加してくれるリピーターの数が多いのが特徴ですよ」と松本さんは話す。「神社のすぐ近くに商店街があり、10数軒の店が軒を並べていますが、アニメファンの皆さんと地元の人間の交流の場となっています。なかでもたこ焼き屋さんは人気のようですね」。

なお久喜市商工会鷲宮支所では、2017年3月19日に、ちょっと変わった運動会「萌え☆輪ピックin久喜マラソン」を開催する。全国各地からリピーターたちも集まるという。ツイッター公式アカウントからも情報発信している。

「萌え☆輪ピックin久喜マラソン」(久喜市商工会鷲宮支所公式ツイッターアカウントより)
「萌え☆輪ピックin久喜マラソン」(久喜市商工会鷲宮支所公式ツイッターアカウントより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ