秋葉原の謎...万世橋の「小部屋&船着き場」は何のために作られた?【後編】

2015年10月21日 06:01
秋葉原のランドマークの1つ、万世橋。その謎は明らかになるのか
秋葉原のランドマークの1つ、万世橋。その謎は明らかになるのか

秋葉原駅の近くにある「万世橋」。そのたもとになぜかある、使われていない船着き場と、小部屋。Jタウン調査隊が、その正体を探る。

前編はこちら

書籍などでは「トイレ」「地下鉄工事の名残り」などの説が紹介されており、探検隊もこれらを軸に調べを進めた。

本当にトイレなのか?
本当にトイレなのか?

ところが、ここで調査は行き詰まりを迎える。というのも、戦前~昭和期の地図などを探索したが、トイレの存在を示す資料や、地下鉄工事との関係を立証できるデータが見つからないのだ。

悩んでいた折、お話を聞くことができたのが、国土交通省・東京国道事務所万世橋出張所の鶴見剛さんだ。万世橋の歴史について、これまでいろいろと調べてきたという。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ