大河ドラマ「真田丸」で町おこしを狙う沼田市が、全力で「真田推し」に踏み切れない理由

2015年9月28日 06:00

2016年の大河ドラマ「真田丸」は、初代薩摩藩主・島津忠恒が「日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由」と絶賛した真田幸村(信繁)が主人公だ。

父・昌幸が本拠地として築き、幸村も居住した上田城は、「真田ゆかりの地」として全国から注目され、連日大勢の観光客が押し寄せる。上田市も特設ウェブサイトを開設したり、「(仮称)信州上田真田丸大河ドラマ館」の開設準備を進めたりとPRに励んでいる。

幸村人気にあやかろうとしているのは上田市だけではない。同じく戦国~江戸初期に真田家の領土であった群馬県沼田市は「もうひとつの真田の舞台」をキャッチフレーズに、観光客を呼び寄せようとしている。

ウェブサイト「もうひとつの真田の舞台」のトップページ
ウェブサイト「もうひとつの真田の舞台」のトップページ

幸村の末裔が過ごした宮城県蔵王町が「蔵王町は、真田幸村公ゆかりの郷です」と堂々アピールしているのと比べると(参照:何の関係が...? 宮城・蔵王町が「真田幸村ゆかりの郷」で町おこしする理由)、正直言って控えめだ。コンテンツの中身もまだまだこれからといったところ。

実は沼田で真田家はあまりよく思われていない。というのも、江戸時代の藩主が領民を慈しむどころか、真逆の圧政を展開したからだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ