壁は前衛アート、ベランダにフラミンゴ、MRIがパオーン!? 超サイケデリック!江戸川病院に行ってみた

2015年9月20日 11:00

白を基調に統一されたデザインで、清潔だけれどもどこか無機質......。病院と聞くと、やはりそんな情景が目に浮かぶのではないだろうか。

東京・江戸川区には、そんな固定概念を一蹴するような、ケタ違いに変わったデザインの病院が存在するらしい。

江戸川病院の様子を徹底レポート
江戸川病院の様子を徹底レポート

最新の医療機器を導入し、地元民からの信頼も厚い「江戸川病院」。その一番の特徴は、院内の至る所にデザインされた、極彩色豊かな「前衛芸術」の数々である。真っ赤な壁紙に包まれた病室や、黒を基調とした総合受付。そんなサイケデリックな雰囲気に包まれた院内の様子は、まるで「現代アートの美術館」のようだという。

そこで、Jタウンネット編集部は小岩へと向かった。そんな院内の様子を徹底レポートするためである。

エレベーターを降りると、そこは......

JR小岩駅からバスで10分ほど、悠々と流れる江戸川のほとりに江戸川病院はあった。真向いにある保育園からは園児の声が聞こえ、河川敷には犬を連れたご老人の姿も。辺りは、いたってのどかな情景だ。病院の外観もいたって普通で、そこに前衛芸術の臭いはうかがえない。

江戸川病院へ
江戸川病院へ
よくある病院に見えるが...
よくある病院に見えるが...

だが、院内に一歩足を踏み入れるとその雰囲気は一変した。天井は黒く塗られ、至る所に赤や黄色などの派手な彩色で書かれたイラストが描かれている。ストレッチャーで仰向けになって運ばれる患者も、思わず驚いてしまうのではないだろうか。

「黒」を基調としたデザインの正面玄関
「黒」を基調としたデザインの正面玄関

総合受付で、「事前に取材許可を頂いている旨」を伝えると、秘書の方が病院を案内してくれた。

まず、入院患者の病室があるという3階へ。「トンネルを抜けると――」ではないが、エレベーターを降りると、辺りはとにかく「赤かった」。床を除く全面が、赤を基調としたデザインで統一されているのである。

エレベーターを降りるとそこは赤かった
エレベーターを降りるとそこは赤かった
男子トイレには、水着姿の女性がモノクロである
男子トイレには、水着姿の女性がモノクロで
全ての階段に、このようなイラストが描かれている
全ての階段に、このようなイラストが描かれている

それぞれの病室には決まったテーマがあるようで、以下のように一風変わったデザインのものばかり。

病室には気鋭アーティストの作品が飾られている
病室には気鋭アーティストの作品が飾られている
こちらは「紅葉」の壁紙が貼られた病室
こちらは「紅葉」の壁紙が貼られた病室
インパクト抜群のイラストが描かれた「ST室」
インパクト抜群のイラストが描かれた「ST室」

室内のデザインを基準に病室を選ぶことはできないが、ほとんどの患者からは「個性的で楽しい」と好評なのだとか。もちろん、「ちょっと落ち着かない...」などといった患者からの要望に「できる範囲で、お応えしています」そうだ。

SFチックな更衣室に、ダンジョン風の通路? 個性豊かな診療棟

病棟以外でも、院内の各施設は個性的なデザインの場所ばかり。どうやら、各診療科ごとに異なるテーマのデザインが採用されているようだ。

真っ黒なデザインが映える「CT室」
真っ黒なデザインが映える「CT室」
がんセンターへの入り口は、なぜかダンジョン風
がんセンターへの入り口は、なぜかダンジョン風
健康ドック用の更衣室は近未来的なデザイン
健康ドック用の更衣室は近未来的なデザイン

このように、個性あふれるデザインに溢れた院内の中でも、一際強いインパクトを残すのが「MRI室」だという。脳の断面図などを撮影するMRI装置は、まさかの「ゾウ」になっている。取材当日は、患者の診療予定が埋まっており、室内に入ることは出来なかったが、後日担当者から画像を頂くことができた。では、その衝撃的なビジュアルをご覧いただこう。

な、なんだこれ!
な、なんだこれ!
緊張も和らぎそう
緊張も和らぎそう

院内には「デザイン専門」の部署もあるようで、そのオフィスも撮影することができた。部屋の中に足を踏み入れると、思わず「あぁ、なるほど...」と呟いてしまった。壁一面に、ポップアートの旗手と呼ばれるアンディ・ウォーホルの作品がプリントされていたからである。

納得のデザインルーム
納得のデザインルーム

フラミンゴにアルマジロ...、まるで動物園のよう

また、病院の中には「アニマルセラピー」の一環として、多くの動植物が飼育されていた。その種類も豊富で、キジやオオトカゲ、エミューにアルマジロなど、「ここは動物園なのか?」とツッコミたくなるほど。また、病棟のベランダで飼育されているフラミンゴとリクガメは、長寿の象徴である「鶴と亀」をイメージしたものだという。

チリフラミンゴがいる病院とは
チリフラミンゴがいる病院とは
リクガメ
リクガメ
外来棟のエントランスにドドーンと設置されているのは...
外来棟のエントランスにドドーンと設置されているオブジェ

10年ほど前に赴任した加藤隆弘院長(当時は副院長)が、「職員が楽しく働ければ、必然的に患者へのサービスが向上する」という考えで、このように遊び心溢れるデザインを導入したという。実際、この病院に入院している患者に話を聞いても、「院内を散歩しているだけで、気晴らしになる」と好意的な返答が帰ってきた。

同行して頂いた秘書の女性に、取材のお礼に「とても興味深かった」旨を伝えると、彼女は笑いながら「入院、お待ちしていますよ」との返答が。奇抜なデザインだけでなく、そこで働く職員もどこかユーモラスで個性的。ぜひ1度、あなたも入院してみては。

「行ってみた」の最新記事

2018/8/31 16:00

今年30歳を迎えたJタウンネットK編集長。東京で生まれ育ち、小中高大、そして今の職場に至るまで、生活のほとんどを都内で過ごしてきた。いまも実家から編集部ま...

2018/8/31 12:00

日本郵政の宿泊事業部が主催する「かんぽの宿 料理コンテスト 第8回グルメアワード」の全国大会が開催された。調理技術の向上と、宿泊客に満足してもらえるオリジ...

2018/8/30 21:00

JタウンネットK編集長は先日、取材で香川県を訪問した。その様子は「うどん県を観光中、コンタクトが落下! →失望する編集長に救いの手が」と題した記事にまとめ...

東京都 最新記事
2018/10/18

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動...

2018/10/18

当館創立者の山﨑種二(やまざきたねじ)は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、より多くの人々にこの優れた作品をご覧いただ...

2018/10/18

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。写真と建築の関係は写真の黎明...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ