荒川が決壊すれば...死者1000人、孤立者70万人!「東京壊滅」の悪夢はいつ起きてもおかしくない

2015年9月11日 17:00

埼玉県秩父地方を源流とし、東京都東部を流れて東京湾に注ぐ荒川は、その名の通り「暴れ川」だ。たびたび氾濫を繰り返し、1742年8月の洪水時は、浅草が水深約2.1メートル、亀戸が約3.7メートルの水に漬かった。

国は過去のデータに基づき、上流にダムを造ったり、遊水池や水門を設けたり、堤防の高さと幅を大きくしたり、様々な治水事業を打っている。しかし、荒川には治水上の弱点となっている箇所=越水しやすい場所が残っている。さらに長雨で堤防の強度が弱まって崩れる可能性もある。

銀座周辺が水没した場合のCG(フィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」より)
銀座周辺が水没した場合のCG(フィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」より)

国交省制作の「荒川氾濫」は、荒川がもし決壊したら東京はこうなる――を描いたフィクションドキュメンタリーだ。

フィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」(1/2)(YouTubeより)

この作品で想定されているのは、3日間で降水量550ミリを超える雨が荒川上流域で降り、都内の堤防が決壊するケースだ。このストーリーに沿って、もし荒川が決壊すれば、東京に何が起きるのかを紹介したい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ