スーパーで、落としたエビフライを「ちょっとだから大丈夫や!」と売り場に戻したおっちゃんに、おばちゃんが正論を吐いた

2015年9月 3日 17:00

おばちゃんのナイスな返しと、おっちゃんのあり得ない行動

大阪府のAさん(50代男性・会社員)が目撃したのは、総菜コーナーでの「中年のおっちゃん」と、たまたま居合わせた「おばちゃん」のバトルだ。

「エビフライを買おうと、トングでプラスチックのパックに入れていたおっちゃん。何気なく見ていると、そのうちの位置日を手を滑らせたのか床に落としてしまいました。『あーあ、やっちゃった』と思っていると、その落としたエビをトングで拾い上げ、なんとそのまま売り場に戻したではありませんか!」
画像はイメージです(BONGURIさん撮影、Flickrより)
20100612 Toyohama 4 (Prawn tail)

「ありえへん事態」に混乱していたAさんだが、やはり一部始終を見ていたおばちゃんが、おっちゃんに食ってかかった。

おばちゃん「そんなことしたらあかんやろ、他のも食べれんくなる!」
おっちゃん「ちょっとだから大丈夫や!」
おばちゃん「ほなら、あんたが買うたらええがな!」

至極真っ当すぎる反論に、おっちゃんもさすがに沈黙。「おばちゃんナイス!」と応援していたAさんだが、おっちゃんの取った行動はさらに信じられないものだった。

「今度はおっちゃんはそのエビフライを再び床に落とし、足で蹴っ飛ばして什器の下に隠してしまったんです! もう開いた口がふさがりません」

一緒に見ていたという「嫁さん」もこれには、「もう二度と、あそこでは惣菜は買えへん......」。

「これ、半値シールを貼ってよ!」

今度は、客VS店員の攻防。神奈川県のBさん(40代女性・パート)は夕方18時30分ごろ、「こぎれいな格好をした30代後半くらいの女性」が、バックヤード前で店員を呼びつけているところに遭遇した。

「このお肉、賞味期限今日までだから、半値シール貼ってよ!」

確かに売り場では値引きが始まったタイミングではあったが、その順番はお店が決めるものだ。店員さんも「いや、これはまだ貼りません......」と返したが、女性客はいきり立って、

「なんで? どうして? いいじゃない! 他のはもう貼りだしてるんだから貼ってよ!」

Bさんはドン引きしながらその場を離れたという。

レジでお客同士が痴話げんかを始めちゃった

再び、客VS店員。関西でレジ店員を5年ほど勤めていたというCさんいわく、「おひとり様1点限り」の特売の際には、こんな光景が「あるある」なんだとか。

「特売商品を1つレジで買って、また1つ違うレジで買って......なんてのは日常茶飯事ですが、『並び直すの面倒だから、もう一緒に計算してよ!』と開き直って駄々をこねる人もいました。後は、特売商品を1つ買って家に帰り、またスーパーに戻って買って、家に帰って――なんて律儀な人も。家に帰ろうが、『おひとり様』には変わりないんですけどね」

Cさんからの投稿からもう1つ「バトル」を取り上げよう。

カップルで来店した男女のお客。ところが会計をしている途中、ふと彼女が、彼氏のワイシャツに、ほかの女のものと思しき化粧の跡が付いていることに気づいてしまった。とたんにレジは修羅場と化す。

「ねぇ、これ明らかにチークだよね! 店員さんも何か言ってやってよ!」 「......」

思いっきり巻き添えを食ってしまったCさん。言ってやりたかったのは、もちろんこの一言だ。

「先にお会計お願いします......」

あなたが見た「非常識なスーパーの客」教えてください

Jタウンネットでは、あなたが目撃した「スーパーの非常識なお客」についてのエピソードを募集しています。メール(toko@j-town.net)まで、具体的なエピソード、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、ご職業を明記してお送りください。採用者には、Amazonギフト券200円分を進呈します。
なお本コラムでは、いただいた体験談を一部編集・改変する場合があります。あらかじめご了承ください。

「読者投稿」の最新記事

2018/10/5 20:00

今回、このコーナーに届いたエピソードは投稿者が大学生時代に経験したトラブルだ。初めての一人暮らしで、引っ越したばかりだったが、なんとか無事に解決したそうだ...

2018/9/30 20:00

「楽器可」「楽器相談」といった集合住宅。それはすべての物件が部屋にバッチリ防音対策がされていて、「いつでも、どこでも弾き放題」とは言い切れない。今回、ご紹...

2018/9/21 20:00

ご近所さんから「うるさい!」とクレームが来たけど、心当りはまったくない。今回、ご紹介する投稿は、とあるマンションでの珍事件。クレームを入れてきた人も思わず...

東京都 最新記事
2018/10/18

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動...

2018/10/18

当館創立者の山﨑種二(やまざきたねじ)は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、より多くの人々にこの優れた作品をご覧いただ...

2018/10/18

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。写真と建築の関係は写真の黎明...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ