そびえたつ天守閣ソープ...千葉市のど真ん中、斜陽の歓楽街「栄町」を歩く

2015年8月10日 17:12

戦前は軍都として栄えた千葉市は、高度成長期に重工業と東京のベッドタウンとして発展を続け、1992年に全国で12番目の政令指定都市となった。
千葉市でも東京に近い幕張新都心は超高層ビルや巨大商業施設が進出する一方で、市中心部の繁華街は客足が遠いている(参照:「俺ガイル」の聖地、千葉パルコの閉店が決まる...)。

往事の繁栄を伝える建物を求めて、一帯を探検したJタウンネット編集部。すると天守閣のような建物が目に飛び込んできた。「これは――千葉城か!?」と思って近づく。看板には「あんみつ姫」の文字。なんとソープランドだった。

千葉市中央区栄町のソープランド「あんみつ姫」(編集部撮影)
千葉市中央区栄町のソープランド「あんみつ姫」(編集部撮影)

あんみつ姫は千葉モノレール栄町駅と目と鼻の先にあり、千葉駅からも徒歩10分以内で行ける。公式サイトにアップされている店内の様子は和テイストだが、かなりけばけばしい。

town20150810sakaecho_map02.jpg
栄町の位置(地図は編集部作成)

栄町はソープランドが35~40店舗ほど営業する一大風俗街だ。首都圏では東京・吉原と川崎・堀の内に次ぐ規模を誇る。

栄町駅の目の前に建つ「英国館」も日本の城を模している。1階部分は風俗店だったらしいが、現在、正面入口は閉鎖されている。2階以上は「ビジネスマンション大老」という一泊から利用できる施設になっているようで、iタウンページに登録がある。

風俗街の歴史は意外と新しい

その名が示す通り、千葉市の栄町は市内有数の繁華街だった。1950年代後半まで国鉄千葉駅と京成千葉駅は下記の位置にあり、栄町通り(現在はハミングロード パルサ)一帯は両駅を結ぶ通りとして繁盛していた。
ところが、1958年に京成千葉駅、1963年に国鉄千葉駅がそれぞれ移転する。この地で営業していた飲食店も新しい駅近くに移動してしまった。

旧千葉駅と旧京成千葉駅の位置(地図は編集部作成)
本千葉駅は1958年に移転し、その跡地付近に京成線千葉中央駅ができた(地図は編集部作成)

その空いたスペースに、新しく風俗店やラブホテル、韓国料理店などが進出し、現在の街並みが形成される。

首都圏の風俗街としてはニューカマーの部類で、「赤線跡を歩く」「色街をゆく」などの古い書籍に紹介されていないし、旧赤線地帯に残るカフェーのような建物も見られない。

栄町交差点。空を見上げると無数の電線が交差する。
栄町交差点。空を見上げると無数の電線が交差する。
ハミングロード パルサの案内板
ハミングロード パルサの案内板
写真左は韓国の食材を扱うスーパー。栄町はハングル文字の店が多い。
写真左は韓国の食材を扱うスーパー。栄町はハングル文字の店が多い。

旧千葉駅のあった場所には現在、千葉市民会館が建っている。

千葉市民会館
千葉市民会館
旧千葉駅から栄町方面を見る。
旧千葉駅から栄町方面を見る。

かつての駅前から栄町方面を眺めると、大きな茶色の建物が目に飛び込んでくる。これもソープランドだ。

豪華な設備で有名なソープランド「李白」
豪華設備で有名なソープランド「李白」

昨年秋、筆者は東京・吉原を歩いた(参照:ソープランド街の朝、午前9時。営業開始前の「吉原」を歩いてみた)。吉原の店舗は3階建てが中心なのに対し、栄町の場合は5階建て以上の店舗も珍しくない。

town20150805sakaecho08.jpg

風俗雑誌の元編集長によると、バブル崩壊前まで栄町はずいぶん賑わっていたという。

「吉原や飛田新地ほどの歴史は長くない分、建物が新しくて大きい。エレベーターが設置されている店もある。個室が広いのは『1室に3人以上の客を入れる設備にしなければならない』と条例で決まっていたことに由来するらしい」
「船橋に中山競馬場があるじゃない。一発当てた人が栄町に金を落としていった」
「地元の女性だけでなく、東京や地方から出稼ぎにくるケースも少なくない。7、8年前、ある高級店に元AV嬢がこっそり在籍していた。1度だけ遊んだことがあって、結構有名な人だった」

カンカン照りの平日の午後ということもあり、風俗街を歩く男性はまばら。水撒きや門番をしているボーイから声をかけられることはなかった。

東京へ戻るため千葉駅に近づくと、今度は変わった形の交番が建っていた。動物だろうか、それともロボットだろうか......。フクロウか。

town20150805sakaecho14.jpg

天守閣のソープランドを見たときはビックリした。しかしよくよく考えると、奇抜な建物は千葉の流儀なのかもしれない。

「行ってみた」の最新記事

2018/8/31 16:00

今年30歳を迎えたJタウンネットK編集長。東京で生まれ育ち、小中高大、そして今の職場に至るまで、生活のほとんどを都内で過ごしてきた。いまも実家から編集部ま...

2018/8/31 12:00

日本郵政の宿泊事業部が主催する「かんぽの宿 料理コンテスト 第8回グルメアワード」の全国大会が開催された。調理技術の向上と、宿泊客に満足してもらえるオリジ...

2018/8/30 21:00

JタウンネットK編集長は先日、取材で香川県を訪問した。その様子は「うどん県を観光中、コンタクトが落下! →失望する編集長に救いの手が」と題した記事にまとめ...

東京都 最新記事
2018/10/18

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動...

2018/10/18

当館創立者の山﨑種二(やまざきたねじ)は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、より多くの人々にこの優れた作品をご覧いただ...

2018/10/18

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。写真と建築の関係は写真の黎明...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ