「ハローキティ和歌山号」のスペックもすごいが、見た目もすごい!

2014年6月18日 15:04

「和歌山デスティネーションキャンペーン」期間限定で運行される観光列車「ハローキティ和歌山号」について、2014年6月16日、JR西日本から概要が発表された。

車体は、近畿車輛が開発した自己充電型バッテリー車両に、サンリオのキャラクター「ハローキティ」のラッピングが施されている。外装・内装には、神倉神社・熊野川舟下り・那智の滝・大門坂・くじらの博物館などのほか、平安衣装やJR制服姿のハローキティがデザインされている。

運行区間は、串本から新宮まで。全車指定席の快速列車として、1日2往復運行される。乗車券と座席指定券で乗車できる。特急「くろしお」との接続も便利なダイヤ編成となっている。期間は、9月13日から12月14日までの土休日予定。

ツイッター上には、主に鉄道ファンからのさまざまな声が寄せられている。

さすがにファンは目が早い。非電化路線向けに開発された「SmartBEST」、自己完結型の充電型バッテリー電車が注目の的だ。

キティちゃんファンも負けていない。

撮影に行きたいな、という声も多い。

ツイッターの反響を見るかぎり、キティちゃんファンの女性より、鉄道オタクの男性の方が数は圧倒的に多いようだが、はたして実際どうなのだろう?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ