鳥取二十世紀梨館の「ナッシー」、先輩なのにふなっしーのパクリ扱いされる悲劇

2014年5月14日 18:13

全国で人口最少の鳥取県。最近はスターバックスが全国で唯一ないことで知られているけれども、なんといっても本来の売りは「二十世紀梨」。県を代表するフルーツとしての誇りがある。

2001年にオープンした「鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館」(倉吉市)は、総敷地面積5400平方メートルを有し、総工費は53億円の博物館。館内には幅20メートルの梨の巨木が広がり、試食コーナーでは3種類が食べ放題だ。果樹農家の苦労話を語るロボット人形やジオラマまで設置されている。入館料は300円。

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館(jim212jimさん撮影、Flickrより)
Nashi

鳥取県がこんなに力を入れているのだから、梨の生産量は当然日本一......と思いきや、生産量は全国4番目にとどまっている。長い間1位だったが記念館完成の翌年から3位から6位の間をウロチョロ。ちなみに現在の1位は、梨の妖精「ふなっしー」の地元千葉県だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ