幻の「鶴舞県」が鶴舞う形の群馬県...ではなく千葉県に実在した

2014年4月 6日 07:00

「グンマー」という心ない俗称がネットを中心に広まりつつある群馬県。しかしながらそのシルエットは実に優美で、日本の象徴・鶴に似ている。この地で生まれた人間は「鶴舞う形の群馬県」と上毛かるたで叩き込まれ、県のキャッチフレーズにもなっている。

そんなに鶴が好きなら「鶴舞県」に改名した方がいいのでは? と思うほどだが、実は明治時代、鶴舞県が一瞬存在したことがある。ただし、それは今の千葉県内だ。

東京都 最新記事
2019/2/22

地震が発生してオランウータンが園内に逃げ出した!――という想定で、動物脱出対策訓練が2019年2月22日、多摩動物公園(東京都日野市)で行われた。訓練の様...

2019/2/22

TBS、置物のミミズクを本物と間違える――。2019年2月21日、インターネット上の話題をさらったこのニュース。まさかすぎるミスに、思わず噴き出してしまっ...

2019/2/22

投稿者が飼っているネコが「キメラ」に変身――!? こんなツイートが2019年2月10日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな画像だったのか、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190222koshiduka_b.jpg

東京で最も多く「福島牛」を仕入れる理由

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ