栃木のご当地ヒーロー「雷様剣士ダイジ」が結構本気でかっこいい

2014年3月19日 18:45

全国各地でご当地ヒーロー(ローカルヒーロー)が活躍する中、栃木から新たに名乗りを上げたのが、「雷様剣士ダイジ」だ。

タイトルのダイジは、栃木弁で「大丈夫」という意味だ。「大事」→「大切」という意味も含んでいる。とちぎテレビで2014年4月7日から番組が放送予定で、従来の戦闘ヒーローとは異なり、決して敵を成敗せず改心させるために剣をふるい、地元の食や特産品、文化などをストーリーの中で伝えていくという。話す言葉はもちろん栃木弁だ。

雷様剣士ダイジ(とちテレWEBより)
雷様剣士ダイジ(とちテレWEBより)

同局の開局15周年を記念して製作されるだけあって、ダイジの外見は実に洗練されている。武士の甲冑(かっちゅう)と近未来の戦闘服が融合したデザインだ。ブルーのボディが放つ、深みのある光沢がなんとも渋い。

また宇都宮市は「雷都(らいと)」と呼ばれるほど落雷が多いことで知られているが、栃木では「雷様(らいさま)」と親しみを込めて呼ばれている。主人公の名前の由来にもなっているが、そのカミナリを図案化したエンブレムが頭部前面と胸にあしらわれている。

最近では特撮ファンもうならせるようなクオリティが高いご当地ヒーローが少なくないが、その正統派なルックスはなかなかポイントが高いと言っていいだろう。

PVはYouTubeで公開中だ。ピンクの髪の「とちおとめ姫」、日光東照宮の眠り猫の精霊「猫介」、ぎょうざの精霊「ギョウタン」、悪さをする「ひょごる3人衆」、彼らのボスキャラらしき「陰神鬼怒乱」たちが登場する。

ダイジの華麗な剣さばきだけでなく、県内の風光明媚な名所や、とちおとめに代表される特産品が見られる作品になりそうだ。

ちなみにとちぎテレビといえば、アニメ枠のPRキャラクターであるご当地アイドル「まろに☆えーる」も擁しており、こちらもネットでは「かわいすぎる」と評判が高い。

東京都 最新記事
2019/1/17

今から30年ほど前、日本では激辛ブームが起きていた。1986年に煎餅店神田淡平の「激辛」が新語・流行語大賞の銀賞に選ばれるなど、当時の人々は辛さを求めてい...

2019/1/17

全国いちご消費拡大協議会が「いちごの日」と定める2019年1月15日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。本日1月15日、#いちごの日 記念に...

2019/1/16

大きくて目立って、どこか懐かしい――そんな観覧車について、2019年1月15日放送の番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で、ゲストとマツコ・デラックス...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ