2.5トンのホワイトコーンが即完売! コロナ禍のフードロス問題をSNSで解決し続ける若者がいた

2020年8月28日 11:00

新型コロナウイルス感染拡大の影響による「フードロス」の問題は、未だに続いているようだ。レストラン、飲食店などで、客足がなかなか戻っていないからだ。

次のようなツイートが8月25日に投稿され、話題となっている。

写真は、北海道中西部に位置する真狩村で生産されたホワイトコーンだ。羊蹄山の南麓に広がる肥沃な農地で栽培されたコーン2.5トンの売り先を探しているという。「値段安ければ買ってみたいという方いましたらRTかいいねいただけたら嬉しいです」というコメントが添えられていた。

このツイートには、「これは!!! 食べてみたい! 」「ホワイトとうもろこし 大好きです」「白いとうもろこし 食べたことないので 食べてみたいです」などといった声が、全国から寄せられている。

Jタウンネット編集部は、この呼びかけをした投稿者・三浦大輝(@yasai_md)さんと、上述のツイートで紹介された北海道真狩村の生産者・三野(みの)農園の三野伸治さんに話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ