現実を「iPhoneっぽく」したらこうなる 発想力がすごい「合成写真アート」に絶賛の声

2020年7月24日 20:00

「写真にiPhoneっぽさを足しました」

そんなコメントと共に投稿された作品がツイッターで注目を集めている。

iPhoneっぽさとはどんなものか。早速ご覧いただこう。

こちらはツイッターユーザーの「を。」さん(@Cokohore11)さんが2020年7月21日に投稿したツイート。夕焼け空と夜景の画像が、それぞれ2枚ずつ添えられている。

夕焼け空の中には、丸く曲がった街灯と、その上にとまる鳥の影。そして、iPhoneユーザーなら見慣れたドラッグの際に現れる青い帯と「コピー」、「ペースト」の吹き出しマーク。コピペで鳥が増えたかのようだ。

を。さんの作品(編集部で二枚を並列)
を。さんの作品(編集部で二枚を並列)

夜景が映った二枚は、どちらも真ん中あたりに月がある。片方はほとんど新月に近いような三日月で、もう片方は満月だ。

そして、iPhoneユーザーはよく目にしているはずの電池残量を表すマークが月の下に描かれている。三日月のほうはほとんど電池がなくなりかけていて、満月の方は充電満タン。

を。さんの作品(編集部で二枚を並列)
を。さんの作品(編集部で二枚を並列)

まるで、充電という行為によって月が満ちたようにも感じられる。

を。さんの作品にはツイッター上で、

「エッッッッッッッッッッッッッッモ!」
「発想力がレベチ」
「アイデアが悔しくなるくらい好きです」
「表現力の鬼」

などの感想が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ