「この付近に○○を置くことを○○します」 読んでも何も分からない...残念すぎる看板がこちら

2020年6月21日 18:00

外に置く看板に赤色使ったら、大喜利になっちゃうって何回言えばわかるんだ――。思わずそんな気持ちにさせられるツイートが投稿された。

さっそくご覧いただこう。
TB&SHさんのツイートより
TB&SHさんのツイートより

こちらはツイッターユーザーのTB&SH(@apdetteiu)さんによる2020年6月8日の投稿だ。

写真に映っているのは、駅の掲示物だと思われる看板。所々の文字が消え、

「この付近に   、
   を置くことを
   します」

と、何を伝えたいのか全く分からなくなってしまっている。

抜け落ちてしまった文字は、紫外線で色が消えやすい赤色で書かれていた部分だろうか。よく見るとうっすら字の跡が残っていたとのこと。

完全に色が消えてしまっていたのは「自転車」「バイク」そして「禁止」。つまり、看板が言いたかったのは、

「この付近に自転車、
バイクを置くことを
禁止します」

だったのだ。とくに伝えたかったであろう強調部分が消えるという皮肉。そんな駅長の悲しさをよそに、看板の虫食い具合から大喜利が始まりそうな雰囲気も懸念される。

大喜利大会の予感...?(写真はTB&SHさんのツイートより)
大喜利大会の予感...?(写真はTB&SHさんのツイートより)

このツイートには、こんな反応が。

「これなあ......。消えるの予想出来るだろうになあ」
「カーチャン...ごめんよカーチャン...」
「赤色使いたかったら上から紫外線カット塗装しとかなあかんで」

予想に反して冷静なTwitterユーザーたちのコメント。大喜利大会で大盛り上がり!とはならなかったようだ。

自転車やバイクの放置を禁止する前に、「赤い字の看板を置くこと」を禁止すべきだと痛感させられる光景ではないだろうか。(ライター:Met)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ