「千と千尋」の舞台にしか見えない... 大分・湯平温泉街があまりに異世界すぎる

2019年8月20日 20:00

スタジオジブリの名作「千と千尋の神隠し」(2001)。一度は見たことがあるという人が多いのではないだろうか。

ツイッターでは、作中で登場する街によく似た温泉街が話題になっている。

異世界のよう(画像は旅館つるや隠宅ツイッターより)
異世界のよう(画像は旅館つるや隠宅ツイッターより)

まるで主人公・千尋が迷い込んだ、暗がりの中提灯が赤く光る不思議な町のよう。この風景を投稿したのは大分県由布市にある「旅館つるや隠宅」のツイッターで、場所は湯平温泉の石畳通りだ。

千尋の両親が店の料理を食べて豚になる衝撃のシーンを思い出す人もおり、「宿泊したら豚にされそう」などと言われているという。

提灯が赤すぎて不気味にも思えるが、普段はどんな場所なのか。Jタウンネットは2019年8月20日、つるや隠宅の代表に話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ