田の字のラインを引いて、ボールをバウンドさせ合うあの遊び 何と呼んでいた?

2018年8月 7日 14:00

小学生のころ、休憩時間に外でどんな遊びをしていただろうか。ドッジボールや鬼ごっこ、と挙げればキリがないが、広島出身の記者(30代)の記憶に残っているのは「たいげん」と呼ばれていたボール遊びだ。小学生以降はやる機会もなく、ある種レアな経験だった。

恐らく名前では通じないと思われるので、簡単にルールを説明すると、地面に田の字型のラインを引いて、4つのマスに1人ずつプレーヤーが入り、ドッジボールやテニスボールなどを手でバウンドさせ合うあの遊びだ。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ