なぜモスバーガーは台湾で受け入れられたのか 上陸から27年、櫻田会長が現地スタッフに語る

2018年4月 9日 17:00

「名も無い」ところからのスタート

モスバーガー店舗の例
モスバーガー店舗の例

キャストミーティングは、全国47都道府県のお客さんと交流する「タウンミーティング」(2011~15年)に続いて、15年度から行われている。櫻田会長の講演や質疑応答、懇親会など、職位に関わらずに、直接経営者とキャストが交流できる場だ。

全国各地で開催されているが、海外では台湾が初めて。現地のモスバーガーは、日本MOSと台湾の大手電機メーカー・東元電機(TECO)の合弁による「安心食品服務」が運営している。日本との違いは、全店が直営で、フランチャイズ店が存在しないことだ。

講演する櫻田会長
講演する櫻田会長

台湾でのキャストミーティングは、現地法人の研修施設「安心学院」(新北市淡水区)で18年3月22、23日に行われた。K編集長が取材したのは、23日の2日目。ミーティング開始前、櫻田会長に初日の感想を聞いた。

「私が感じた言葉で、一方通行でないリアルなコミュニケーションができたのが一番良かったですね。いまはおかげさまで、これだけの会社になりましたが、名も無いところからスタートしました。その時のことを話すと、『台湾のモスバーガーも、いまこうやって有名だけれど、そういう時(草創期)もあったんだ』とか。各国の人気商品を紹介すると、『自分たちは台湾のモスのことしか知らなかった』といった反応があって、勉強にはなったのかなと思います。忌憚なく話せたのが良かったです」
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ