スマホの「漫画バナー広告」は、どうやって作られているのか?

2017年2月11日 11:00

過去のデータと、「先読み」のバランス

――それにしても、こうした掲載作品は、どうやって選んでいるんでしょう?

藤川 弊社、そして広告代理店とで候補作をまず出してきて、そこから「選定会議」を行い、選ばれたものがバナーとして作られていくという形です。

――とすると、藤川さんも久保田さんも......?

藤川 もう、チーム総出で、普段から漫画をたくさん読むようにしています。代理店にも「発掘部隊」がいて、専従でずっと探している人がいると聞いていますね。

久保田 これまでのヒットの傾向というものは、「女性向けで、不倫、結婚、出産、あるいは死が絡んでくるもの」など、ある程度あるんです。そうした過去のデータから当たりを付けて探してくるんですが、ただそこだけにこだわるのではなく、今まで「出したことのない」ジャンルやストーリーのものに積極的に切り込んでいく、ということも意識しています。

――データだけを見るわけではない、ということですか?

藤川 過去のデータも大切なんですが、逆にとらわれすぎちゃうと、選定の幅がシュリンク(狭まる)しちゃうんです。当たったものだけをただ出して行けばいいわけではない。これまでのデータと、「次は何が来るのか」というニュートラルな目での先読み。そのバランスですね。「善悪の屑」も、その中から出てきました。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ