スマホの「漫画バナー広告」は、どうやって作られているのか?

2017年2月11日 11:00

作品を選んでいるのはいったい誰?

これは、電子書籍配信ストアが配信している「漫画バナー広告」だ。いろんなサイトに載っているので、「進撃の巨人」を読んだことがない人はいても、こういう広告を「一度も見たことがない」という人は、なかなか珍しいのでは。

たとえば、「善悪の屑」(渡邊ダイスケ、少年画報社)。犯罪者に私刑を下す「復讐屋」を描くこの作品、その強烈な一場面を描いたバナーは話題を呼び、電子書籍が大ヒットしただけではなく、「紙の本」も品薄になるなど、ちょっとした「社会現象」に......。

コンビニコミックスとして販売されている「善悪の屑」、および続編の「外道の歌」の総集編
コンビニコミックスとして販売されている「善悪の屑」、および続編の「外道の歌」の総集編

「ああいう広告って、いったいどうやって作られてるの?」
「載る作品は、どのように選ばれてるの?」

そんな素朴な疑問を調査すべく――。

Jタウン探検隊、今回は「BookLive!」や「ハンディコミック」の運営会社・BookLive(東京・港区)にお邪魔して、その舞台裏を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ