麻雀漫画の主人公たちは、どんなタバコを吸っているのか調査してみた【前編】

2017年1月27日 11:00

アカギのタバコは、焦りとは無縁

アカギのタバコの吸い方は、一言でいえば「リラックス」。

愛煙家のアカギだが、原作(壮年期が描かれる「天」も含めて)では対局中にはほとんど吸う描写がない(逆に言うと、吸いながらの対局はアカギが「舐めプ」モードの時である。仲井戦や僧我との「9」など)。

「アカギ」のスピンオフ元である「天」。このころにはアカギもマルボロ派に。主人公の天貴史はマイルドセブン。宿敵・原田との交渉時、「悩むふり」として喫煙するシーンが天らしい。
「アカギ」のスピンオフ元である「天」。このころにはアカギもマルボロ派に。主人公の天貴史はマイルドセブン。宿敵・原田との交渉時、「悩むふり」として喫煙するシーンが天らしい。

対局前やその休憩中、そして一勝負終えた後に。一人で、あるいは気を許した相手を前に。焦りやいらだちとは無縁。紫煙をくゆらせながら、深く思索を巡らせる。

「苦渋は必至...! しかし... だからこそ アカギは飛び込みたい...! その業火に...!」(単行本16巻、10ページにわたる喫煙シーンでのモノローグ)

まさに自由人たる「アカギらしい」タバコの吸い方だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ