麻雀漫画の主人公たちは、どんなタバコを吸っているのか調査してみた【前編】

2017年1月27日 11:00

赤木しげるはハイライト→マルボロ

まずは、福本伸行作品から。最初に挙げるのはその代表作で、今も連載中の「アカギ」。孤高の博徒・赤木しげる(アカギ)の生き様を描く。

青年アカギが好んで吸うのは、「ハイライト」(1960年発売)。作中時点(1960年代半ば)には最新の人気製品だった。アカギ、意外と流行に敏感である。

アカギは、タバコ屋さんで自らハイライトを購入する場面もある。抜いた血液にぶち込んだのもおそらくはハイライトの吸い殻
アカギは、タバコ屋さんで自らハイライトを購入する場面もある。抜いた血液にぶち込んだのもおそらくはハイライトの吸い殻

その後、壮年期のアカギが登場する「天」では、「マルボロ」(日本では1973年発売)に乗り換えている。通夜編の問答中に吸っていたのはこちら。墓の前にも、ちゃんとマルボロがお供えされている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ