青春18きっぷで山陽本線に乗った人なら、うなずいてしまう1枚の画像

2017年1月 9日 11:00

普通電車・快速電車などが1日乗り放題になるJRの「青春18きっぷ」。もちろん時間はかかるが、リーズナブルな価格と、飛行機や新幹線に乗るのとは違う旅情が感じられる。

そんな「青春18きっぷ」で、西日本を旅したことがある人なら、思わずうなずいてしまうであろう1枚の画像が、ツイッターで話題になっている。

「みずえさ」さんが2017年1月4日に投稿したこちらの画像。山陽本線を18きっぷで旅する人の「心情」が地図上に書き込まれているのだが、相生駅以降はことごとく「つらい」「つらい」「つらい」のオンパレードだ。

実際に乗ったことがある人ならわかるだろうが、新快速が利用でき、比較的スムーズな神戸~姫路で「なんだ、案外楽じゃん」と思っていると、本数が少ない上に混雑する相生~岡山でさっそく心を折られ、以後もひたすら続く長旅に、着実に精神力と体力を奪われていくのである。

そしてトドメを刺すのが、ラストの岩国~下関。上記の「みずえさ」さんによれば、

「岩国~下関間、山口県内の区間は所要時間が3時間かかる上に景色があまり変わらない上、車両も古いので特につらい」

とのこと。

1万回近くRTされたこのツイートには、下記のような反響が寄せられている。

まだ未体験の方、ぜひご参考に。


アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ