食器用洗剤の注ぎ口を「つめかえボトル」に付けてみたら...そのまま使えた!なんでみんなやらないの?

2015年12月 1日 06:00

食器用洗剤を使いきった後の「つめかえ」、あなたはどうしているだろうか。まずは市販の「つめかえボトル」を購入。空になった本体ボトルの注ぎ口を外し、つめかえ用の洗剤を移し替える。移し終わったら、本体に再び注ぎ口をはめれば完了だ。

とはいえ、いちいち移し替えるのは面倒。たまに洗剤をこぼしてしまうと、ヌルヌルの手で力が入らず、注ぎ口をはめるのに難儀することもある。そんなある日、本体ボトルの注ぎ口を、そのままつめかえボトルにつけられるのか、興味本位で試してみた。

注ぎ口をはめる

あった! ピッタリだ!! わびしい生活のなかで、一筋の光が見えた気がした――というのは大げさだが、個人的には衝撃の発見だった。ネットを調べてみると、「ボトルに入れる手間が省ける」「快適だった」といった報告が多数ある。全国に同士がいるようだ。

使い勝手が良いのであれば、どうしてその方法を推奨しないのか。気になったJタウンネット編集部は、「ジョイ」を販売するP&G、「キュキュット」の花王、「チャーミー」のライオンに話を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ