何が違う? 駅弁には「公式駅弁」と「非公式駅弁」があるらしい

2015年7月20日 06:00

長時間鉄道の車内で過ごす旅行者にとって、「駅弁」は楽しみの一つだ。
全国には2000以上の駅弁が存在するといわれる。JRだけでなく私鉄の駅でも販売しているところは少なくない。主要駅の売店に行けば、定番の幕の内からご当地の食材を用いた特製弁当まで、様々な種類が並んでいる。

ところでわれわれが何気なく購入している駅弁だが、実は公式と非公式の2種類が存在している。

JR新宿駅南口構内の売店(編集部撮影)
JR新宿駅南口構内の売店(編集部撮影)

チーバくんは知っていた「駅弁は非公式駅弁っていうのがあるんだよ」

この件について、千葉県の公式マスコットキャラ・チーバくんが2015年7月15日にツイートしたところ、ちょっとした話題となった。

実はそのことをJタウンネット編集部も知らなかった。早速、このテーマについて調べてみた。

駅弁の表面に注目すると、あるマークが...

売店などで駅弁を買ったとき、表面に「駅弁」マークが印刷されているのに気づいたことはないだろうか。

JR新宿駅で売られていた「鳥めし弁当」についている駅弁のマーク
JR新宿駅で売られていた「鳥めし弁当」についている駅弁のマーク

このマークは駅弁を作る業者で構成される社団法人日本鉄道構内営業中央会が制定したもので、会員が調製している駅弁にこのマークが使われている。北は稚内市から南は宮崎市まで全国の業者が加盟している。焼売(シュウマイ)でおなじもの横浜・崎陽軒も会員だ。
Jタウンネット編集部が購入した「鳥めし弁当」には、製造者:(株)NRE大増と明記してあった。同社の名前も会員名簿に載っている。

鳥めし弁当
鳥めし弁当

ところが、この駅弁マークは全ての駅弁についているわけではない。なぜなら、中央会にすべての調製元が加入しているわけではないからだ。
例えば、東海道新幹線の車内でワゴンサービスを行っているジェイアール東海パッセンジャーズは会員名簿に載っていない。さらに中小の業者でも非加盟のところはある。
2002年頃、中央会の会員数は180以上あった。しかし2014年10月現在、その数は115まで減少している。東京の会員は(株)NRE大増の1業者だけだ。

日本で初めての駅弁は、宇都宮駅説や神戸駅説など諸説ありはっきりしないが、開始時期が明治時代なのは間違いない。いずれも構内営業を許可された民間業者が駅弁を販売したと見られる。
駅弁の仕様については昔から細かな規則があり、米飯を主とし数種類のおかずを加えたものを「普通弁当」(いわゆる幕の内弁当)、それ以外を「特殊弁当」と区別していた。 しかし1987年に国鉄が民営化され、駅構内に大手コンビニが進出し、おにぎりやサンドイッチが普通に売られる時代となった。
構内で売られる駅弁も消費者ニーズに合わせて多様化している。公式・非公式の区別はほとんど意味を失っているといっていい。

余談になるが、鳥めし弁当を購入したとき、応対してくれた女性スタッフに「駅弁に公式と非公式の2種類があるって本当ですか」と尋ねた。
すると彼女は、「えーっ、そうなんですか。はじめて聞きましたよ。私たちはただ売っているなんで」と驚いていた。

交通新聞社発行の大判時刻表を広げると「駅弁マーク」が付いている。これは旧国鉄時代からの名残りといっていいが、このマークを目印に乗客が駅弁を買っていた時代は、もはや遠い過去の話となりつつあるのだろうか。

交通新聞社発行のJR時刻表
交通新聞社発行のJR時刻表

最後に。くじら弁当の名誉のために書いておくと、わざわざこれを食べに館山にやってくる駅弁マニアがいるくらい、地元の名物となっている。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ