「ニラレバ」VS「レバニラ」論争ついに決着! →全国調査の結果、××派が圧勝

2019年8月30日 06:00

編集部の表記ルールが決定

town20190828162522.jpg

こちらは全国の結果を円グラフにまとめたものだ。いかがだろうか。レバニラ派は555票のうち433票、割合にして78%と圧倒的な支持を得た。

一方、ニラレバ派は122票、22%と大きな差がついてしまった。

投票の呼びかけ記事では、元々「ニラレバ」だったのが、アニメ「天才バカボン」の影響で「レバニラ」が広まったとする説を紹介。まさか、バカボンのパパの発言がここまで広がったのだろうか――。

town20190828162632.jpg

こちらの地図は、各地の投票結果を表している。こちらでもレバニラ派が圧倒的に優勢。票数が少ない地域でレバニラ・ニラレバ派が拮抗することはあっても、ニラレバ派が優勢だった地域は一切なかった。

なお、10票以上の得票があった地域の中では、福島・茨城・岡山ではレバニラ派が100%に達した。

ちなみにレバニラとニラレバで記事の表記ルールは特に定まっていなかったのだが、Jタウンネットの姉妹サイト「J-CASTニュース」のT編集長にこの結果を伝えると、

「尊重せざるを得ない。今後の編集方針に活かす」

と真剣な面持ちでコメント。ニラレバ派が少数派であることにも驚いていた。

「ニラレバ炒め」と聞いても全く違和感がないため、今までは時と場合によって2つの名を分けてきた。しかし、この結果を見ると例え餃子の王将であっても「レバニラ炒め」と呼ばなければならないような気がする。

※8月30日10時追記
初出時、「ニラレバ派」の得票数を誤って記載していたため、修正しました。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ