失われていた福島県民のソウルフードが帰ってきた 材料も作り方も味わいも以前のまま...「おかえり凍天!」

2020年9月30日 17:00

あの、福島県民のソウルフードが帰ってきた。

ツイッターで、そんな投稿が注目を集めている。

「おかえり凍天(しみてん)!」――。凍天とは、凍らせて乾燥させた餅「凍(し)み餅」を水でもどし、ドーナツ生地でくるんで揚げた菓子だ。

店頭の立て看板には

「木乃幡のオリジナル製法の福島名物・凍天。サク・フワのドーナツ生地は、ほのかに甘い。よもぎの香りがほのかに香る凍餅が絶妙の味わい。洋菓子と和菓子が融合した福島発祥のお菓子です」

とある。

「木乃幡(このはた)」とは、かつて「凍天」を製造・販売していた会社だ。11年の東日本大震災で工場が被災し、業績が悪化し、多額の負債を抱えることとなった。19年には事業停止し、ツイッターでは「凍天食べらない悲しいですね」「大好きな凍天なくなるの悲しい」など惜しむ声が寄せられていた。

そのため投稿者も「福島のソウルフードが約1年半ぶりに帰ってきたぞー!」と喜びを隠せない様子。他のユーザーからは、

「おかえりなさい!」
「行かねば!」
「凍天復活しましたか!待ってました、ずっと」

といった歓喜の声があがっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑gogo! fukui