「星野源さんに弊社のCMに出てほしい」 青森名物「スタミナ源たれ」ツイッターが熱烈ラブコール

2017年4月18日 21:00

青森県で絶大な知名度を誇る焼肉のタレ「スタミナ源たれ」でおなじみの上北農産加工協同組合(KNK)がツイッターに投稿した内容が、インターネット上で話題となっている。

「(星野源さんに弊社のCMに出てほしいなんておこがましいこともう言わないので星野源さんのファンの方がこのツイートをリツイートして巡り巡って星野源さんの関係者の方まで届いて源たれを食べてもらってめっちゃ美味しいってなって何やかんやあってあわよくば星野源さんに弊社のCMに出てほしい)」

歌手や俳優、作家など、幅広い活動で若い世代を中心に人気のタレント・星野源さんにCM出演を依頼(?)したのだ。

ツイッター担当者「本当におそれ多いです」

発売50周年を迎えた「スタミナ源たれ」
発売50周年を迎えた「スタミナ源たれ」

KNKが2017年4月17日、先のツイートを投稿すると、瞬く間にツイッター上で拡散され、応援のリプライ(返信)が寄せられた。

星野さんが毎週火曜25~27時、ニッポン放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」でパーソナリティーを務めていることから、ニッポン放送に「スタミナ源たれ」を送ってはどうか、という声もある。

予想以上の反響があったからだろうか、KNKは18日朝、

「(昨日帰り際につぶやいたものがすごいことになってて朝から担当二人で震えてる。星野源さんすごすぎです...)」

とツイート。18日夕時点で、「リツイート」は約9800、「いいね」は約5700に達している。

KNKは何の脈絡もなく、星野さんの名を持ち出したわけではない。

ツイッターで5日、「こんにちは。源たれ愛好者です。(中略)ところでいきなり何ですが、源たれを星野源さんにCMしてもらえば、源たれが全国的にブレイクするんではと思います」というリプライが寄せられた。KNKはそれに、

「おおー!これを当面の弊社の目標とします 星野源さんまで届けー!!!」

と返していた。

Jタウンネット記者が18日昼、KNKに話を聞いてみると、ツイッターの更新を任されている女性組合員の1人が取材に応じた。電話口でも、ネット上の反響に驚いている様子が伝わってくるほど。組合員は

「我々から星野源さんのようなトップスターの方にお声をかけさせていただくなんて、本当におそれ多いです」

と話していた。

4月4日にツイッター開設「やっとの思いで...」

KNKのツイッターアカウントは、4月4日に開設されたばかりだった。

「私どもの組合には、ネット関係に詳しい者があまり多くなかったので、ツイッターやフェイスブック、公式サイトなどで広報活動をしていませんでした」(組合員)

だが組合員とその後輩(女性)は「フェイスブックとツイッターをどうしてもやらせてほしい」と、企画書を作成して上司に提出した。無事に許可が降りたため、2人はそのままツイッターの広報を任されることに。

「上北農産加工、Twitterはじめましたあああ!!」

と4日に報告した直後、万感胸に迫るものがあったのか

「やっとの思いでここまで来ました...(T_T)よろしくお願いします!!」

と投稿していた。

星野さんのラジオ番組に「スタミナ源たれ」を送ってはどうか、との声には

「私個人の意見としては送りたいです」

としながらも「会社全体の意向もありますので......」と述べていた。

いまのCMには「りんご娘」が出演中

ちなみに現在、同社のCMには青森県弘前市の女性ダンス&ボーカルユニット「りんご娘」が出演している。

「りんごとにんにく出会って~源たれ生まれた~奇跡の~出会いにありがとう~たれ、たれ、源、たれ。たれ、源、たれ」

CMでは、りんごの被り物をした15~19歳の女性4人が、こんな歌詞を口ずさんでいる。

もし星野さんが彼女たちのように「源たれダンス」を踊ったとしたら......。

KNKのツイートが青森県民、いや、世の女性たちの共感を呼ぶのも当たり前のことかもしれない。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ