関東人は知らない! 「金ちゃん焼そば」をペヤングと比べながら食べてみた

2015年10月28日 11:00

関東の人間にはあまり馴染みがないかもしれないが、西日本を中心に根強い人気を誇るカップ麺「金ちゃんヌードル」。販売地域の違いから、一部では「東のペヤング」・「西の金ちゃん」と呼ばれることも多い。

パッケージには「昔なつかしい!」と「NEO」の文字が躍る
パッケージには「昔なつかしい!」と「NEO」の文字が躍る

「金ちゃん」といえばカップラーメンのイメージが強いが、シリーズには「金ちゃん焼そば」というタテ型のカップ焼きそばも存在している。関東の店舗でも見かけることが増えてきた「金ちゃんヌードル」に比べ、焼きそばはまだ西日本以外ではほとんど流通していない。今回は、宮崎県のドラッグストアで現物を入手することができた。

生まれも育ちも関東地方の筆者にとってみれば、「カップ焼きそば=ペヤング」という思いは強い。そんなペヤングびいきの筆者が、「金ちゃん焼そば」を食べてみた。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ