三国志ならぬ「四国志」 四国各県の「領地争い」を戦略ゲーム化

2018年7月 3日 11:00

4000年の歴史があるとされる中国だが、その歴史を振り返ってみると、中でも後漢の終わりから魏・呉・蜀の三国が並立した三国時代にかけての興亡を描き上げた「三国志」は有名だ。日本でも書物が発刊されているほか、ゲームが発売されるなどその知名度は高い。

では、「四」国志はどうだろうか。聞いたことも見たこともないし、まず読み方が「しっこくし」なのか「しこくし」なのかもわからない......といったところだろうか(正式には「よんごくし」)。

急にこんなことを言い出したのも「四国志でらっくす~酒池肉うどん戦記~」なるコンピュータゲームが2018年6月29日にリリースされたからなのだ。はて、どんなゲームなのか。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ