徳島県で「関西弁っぽいアクセント」が使われてる!? その歴史を紐解くと...

2018年6月17日 17:00

「徳島県は関西弁に近い」――。大学時代を関西で過ごした筆者は、かつてこのようなことを聞いたことがある。

周囲に徳島県出身の人はいなかったので、実際に徳島出身の人が話しているのを見たことはないが、徳島県の方言はなぜ関西弁に近いと言われるのだろうか。詳しい人に聞いてみることにした。

江戸中期の名残?

naitokzさん撮影、Flickrより
徳島:Tokushima

徳島県は方言だけでなく、物理的にも関西に近い。例えば、JR四国バスでは、13時半に徳島駅を出発すると、16時15分には大阪駅に到着と、3時間もかからない。道中の停留所には高速鳴門(鳴門市)があり、神戸淡路鳴門自動車道を通じて、徳島県と関西地方を結ぶ、かけ橋となっている。

なぜ、徳島県の方言が関西のアクセントに近いのか、徳島大学の岸江信介教授(方言学)は、Jタウンネット記者に「江戸時代中期に見られた『白拍子(しらびょうし)』の名残だからです」と説明する。

白拍子とは、少なくとも江戸時代以前から存在していた歌舞の一種。当時の上方(大阪、京都)のアクセントで、「高い発音、低い発音、といったように口うるさく」(岸江教授)話すようにと厳密に指導されていたという。

当時のアクセントでの話し方は、この白拍子をもとに近畿地方で使われており、和歌山県の旧龍神村一帯(村域は2005年に田辺市へ統合)でもその名残がみられるとのことだ。

また、関西弁のアクセントに近い地域は、高知市と和歌山県田辺市でもみられるという。「両地域とも似たアクセントで、こちらは平安時代末期の京都のアクセントの面影を残しています」。こちらは漢字を引くための辞書「類聚名義抄」がルーツだとされている。

徳島県だけでなく、高知県でも関西弁に近いアクセントが見られるのは、500~1000年以上前の名残が現代にも引き継がれていたからだった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ