水彩画の魅力 | ターナーから清水登之まで

2018年11月21日 10:00

   鑑賞だけでなく実践としても人々に愛され続ける水彩画は、明治時代に西洋画技法の一つとして移入され、学校教育に取り入れられて普及しました。絵手紙などは、一般にも広く親しまれています。すでに明治時代には専門雑誌『みづゑ』が刊行されて、画家たちの関心を集めており、その成果は多彩に花開きました。本展は当館のコレクションのなかから、J・M・W・ターナーやデイヴィッド・コックス、明治時代の教育者だった河野次郎のほか、五百城文哉、清水登之、小山田二郎、草間彌生などの多様な水彩による表現を、約150点で紹介します。館蔵の清水登之コレクションのうち、水彩画作品全点(約40点)も一挙に公開します。※会期中の展示替えはありません。【関連企画】(1)ワークショップ「水彩絵の具と紙で遊ぶ」講師:内田あぐり氏(日本画家、武蔵野美術大学教授)日時:2月2日(土)午後1時30分~4時会場:栃木県立美術館集会室参加費:材料費500円※事前申込みが必要です(電話028-621-3566)。先着20名(高校生以上)。(2)桜通り散策―軍都から文化の街へ―第2弾講師:佐藤信明氏(風待工房主宰)日時:3月21日(木・祝)午後2時~4時集合場所:栃木県立美術館集会室参加費:保険代100円※事前申込みが必要です(電話028-621-3566)。先着20名(高校生以上)。※歩きやすい服装でご参加ください。※少雨決行予定ですが、荒天の場合は屋内での解説に変更します。(3)ギャラリー・トーク(担当学芸員による解説)日時:1月12日(土)午後3時30分~/2月23日(土)、3月9日(土)午後2時~集合場所:栃木県立美術館企画展示室入口※申込みは不要です。当日の企画展観覧券が必要です。いずれも30分程度。

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月12日(土) ~ 3月24日(日)

会場

栃木県立美術館

所在地

〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7

インターネットミュージアム
栃木県 最新記事
2019/1/17

突然だが、あなたは「鮭」をどう読んでいるだろうか。「サケ」なのか、それとも「シャケ」なのか。おにぎりやお弁当で考えてみてもいい。人によって、その読み方は分...

2019/1/17

全国いちご消費拡大協議会が「いちごの日」と定める2019年1月15日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。本日1月15日、#いちごの日 記念に...

2019/1/16

大きくて目立って、どこか懐かしい――そんな観覧車について、2019年1月15日放送の番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で、ゲストとマツコ・デラックス...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ