「最近、息子が牛乳をすげぇ飲む」 なぜ...?と思っていたら、思わぬ事実が判明した

2020年12月 4日 11:00

牛乳、お好きだろうか?子供のころはがぶ飲みしていたけど、大人になってからは......。そんな人もいるのではないか。

そんな大人のみなさんにも、ぜひ知ってもらいたい豆知識が、ツイッターで話題になっている。

こちらは、成長期の息子さんを持つお母さんのツイートだ。

「最近息子牛乳すげぇ飲むな...と思ってたんだけど、パック側面に答えが書いてあった」

というコメントがあり、そこには、なにやらグラフが描かれている。

縦軸は脂肪率、横軸は季節を表しているようだ。脂肪率が増えているのは、秋から冬。このグラフを見た投稿者は、「牛乳の旬、今じゃん」つぶやいている。

2020年11月29日のこのツイートには、4万5000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散しているようだ(12月2日夕現在)。ツイッターには、

「違いのわかる男だ...!」
「うちも今牛乳の消費量がすごい 子どもは味がわかっている!?」

などといった声も寄せられている。

Jタウンネット記者は、パッケージの内容が話題になった牛乳を販売する、新潟県農協乳業に取材した。

「こんなに変動するのか...!」

はちまる(@hachi_mal)さんのツイートより
はちまる(@hachi_mal)さんのツイートより

投稿者のはちまるさんが息子さんに飲ませた牛乳は、新潟県農協牛乳だったが、そのパッケージに掲載されたグラフには、次のような説明があった。

「農協牛乳は成分無調整の為季節により下記のように乳脂肪が変化します」

はちまるさんがこの表示に気付いたのは、11月29日、つまり投稿した当日だったという。この事実を初めて発見したときの感想はどうだったのだろう?

「こんなに変動するのか...!と素直に驚きました」

しかも、秋が深まり、冬に向かおうとしている、この時期が、乳脂肪率がもっとも高くなるとは......、こうやってグラフで示してもらわなければ、わからなかっただろう。

「息子さんは何かおっしゃっていますか?」と聞くと、「とくに何も言わずがぶがぶ飲んでましたね。子牛のように」という返事だった。

次にJタウンネット記者は、新潟県農協乳業に電話で聞いてみることにした。取材に応じたのは、広報担当者だった。

季節により乳脂肪が変化するというのは、事実なのだろうか?

「牛は暑さに弱くて、寒さには強いと言われています。寒くなると、体調が良くなり、元気になって、乳脂肪率が高くなります。乳脂肪率が高くなると、濃厚になり、風味が増すと考えられます」

秋から冬にかけて、牛乳が美味しく感じられるのは、この乳脂肪が変化するためということのようだ。

はちまる(@hachi_mal)さんのツイートより
はちまる(@hachi_mal)さんのツイートより

ツイッターにもこんな声が寄せられていた。

「酪農家です。冬の乳脂肪が高い理由は、寒い時期に産まれた子牛が多くのエネルギーを必要とするためではないかと思われます。高い乳脂肪で効率良くエネルギーを摂取できます」

こういった反響に対して、投稿者のはちまるさんはこう語っていた。

「酪農家さん方から美味しくなる理由を教えていただき嬉しかったです。 あと元カフェ店員さんからいただいた『夏はフォームミルクが作りづらくなる』というリプが印象的でした...」

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ