飼育員さん体張りすぎ! 水族館の「クラゲに刺されてみた」解説文が超アグレッシブ

2019年11月12日 17:00

志摩マリンランド(三重県志摩市)には、すごい飼育員がいる――

そんな話が、あるユーザーの投稿をきっかけにツイッターで話題となっている。いったい何がすごいかというと...。

刺されすぎでは(画像は志摩マリンランド提供)
刺されすぎでは(画像は志摩マリンランド提供)

これは志摩マリンランドで展示中、あるいは展示されたことのあるクラゲの紹介文だ。

水族館や動物園の生物紹介といえば、個体の特徴などが簡単に書かれているのが一般的だが、こちらは「飼育員の体験談」という体を張ったクラゲレポートとなっている。例えば、ミズクラゲの紹介はこうだ。

「4~8月ごろに多く出現 刺された感想は少し、かゆみを感じるくらいの軽い症状が2~3分ほどでした。痛みよりもヌメヌメしていることが気になります」

紹介されているクラゲのほとんどは、なぜか「刺された感想」がメインだ。想像するだけで痛々しい。カブトクラゲに至っては刺されない代わりに食べてしまっており、もはや食レポだ。

ツイッターではこのクラゲ紹介に対し、

「飼育員さんアグレッシブ過ぎません??」
「す、凄い飼育員さんですね。私たちにも分かりやすい感想を書いてくれてるんですね。拍手喝采」
「自ら刺されに行くなんて!しかも食してみたり。猛者ですね」

といったコメントが寄せられている。自ら刺されに行ったのかはわからないが、飼育員への称賛の声が多く見られる。

いったいどうしてこのような紹介になってしまったのか。Jタウンネットは11月11日、飼育員に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ