「ニラレバ炒め」or「レバニラ炒め」 あなたはどっち派?【都道府県別投票】

2019年6月 8日 08:00

レバーとニラ、もやしを炒めた定番中華料理――みなさんは何と呼ぶでしょうか。この料理の呼称は二つに分かれる。「ニラレバ炒め」と「レバニラ炒め」だ。

どちらでも意味が通じ、同じ料理であるせいか、あまり深く議論になったことがない。

ニラレバ?レバニラ?
ニラレバ?レバニラ?

2018年11月27日に放送された「この差って何ですか?」(TBS系)によると正式な呼び名として元々は「ニラレバ」だったのが、アニメ「天才バカボン」の影響で「レバニラ」が広まったとする説が紹介していた。

確かに、1971年に放送されたアニメ化第1作目の9話に「ごちそうはレバニライタメなのだ」と題するエピソードが存在している。

さらにこの料理を提供する店でも分かれている。

大手中華料理チェーンの餃子の王将では「ニラレバ」、大阪王将では「レバニラ」と違っている。

ちなみにJタウンネットの姉妹サイト「J-CASTニュース」のT編集長に記事での表記ルールについて聞くと、この料理については考えたこともなかったそう。過去の記事を見ても「ニラレバ」と「レバニラ」の両方が使われており、若干だが「レバニラ」がよく使われる傾向にあるらしい。

このように使う場所や人間によって分かれる。そこで読者の方にお聞きしたい。

「『ニラレバ炒め』or『レバニラ炒め』 あなたはどっち派?」

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ