静岡県の小さな町に、子育て世代が続々集まる当然の理由

2014年3月21日 07:00

少子高齢化に直面するニッポン。少しでも若い世代に移り住んでもらい、子どもを増やしてもらおうと全国の自治体がやっきになっている。

2012年度の全国の合計特殊出生率は1.41にとどまるが、1.99とフランス並みの高さを誇る自治体が静岡県にある。三島市と沼津市にはさまれた、人口約4万2000人の長泉(ながいずみ)町だ。

平成17年から22年の5年間で5.3%人口が増えた(国勢調査調べ)。静岡県全体では0.7%減だから驚異的な数値といっていい。新生児の誕生もさることながら、転入者の増加が大きく影響している。

長泉町から見た富士山(Marufishさん撮影)
DSC_9043
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ