豪雨被災の酒蔵を手助けしたい 「日本酒界のカリスマ」が試飲会をプロデュースしたワケ

2019年3月15日 15:00
盛川酒造「白鴻」酒粕ペーストマカロン(画像提供:「HASHIWATASHI プロジェクト」事務局、以下同)
盛川酒造「白鴻」酒粕ペーストマカロン(画像提供:「HASHIWATASHI プロジェクト」事務局、以下同)

さて、いきなり問題です。

「日本の三大酒処として名高いのは、灘、伏見、もう一つは......?」

答えは、広島県の西条、現在の東広島市である。酒都(西条酒)とも呼ばれ、吟醸酒発祥の地(安芸津の酒)としても知られる、日本有数の日本酒の産地だ。東広島市に隣接する広島市、竹原市、呉市、三次市、三原市にも多くの酒蔵があり、古くから伝承する個性的な味を競い合っている。広島は知る人ぞ知る名酒の地なのだ。

この広島の酒蔵33蔵が集まり、77種類の銘柄が試飲できるイベント「がんばろう広島酒蔵の会」が、2019年3月9日、東京・青山スパイラルホールで開催された。当日は、約250人の日本酒愛好家が参加し、賑わったという。いったいどんな試飲会だったのだろう?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ