ミュージアム情報 静岡県

ミュージアム情報

2016/7/29

パトリック・ジェロラ(1959年ブリュッセル生まれ)は、画家である母の影響を強く受け幼少より芸術的な環境の中で育った。ブリュッセル王立美術アカデミーで学ん...

2016/7/20

20世紀オランダを代表する版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898-1972)。17世紀以来のだまし絵とも一線を画す彼の独特でユニークな作品は...

2016/7/7

" 世界中で愛されている絵本の主人公・ミッフィー(うさこちゃん)。その生みの親であるディック・ブルーナは、絵本作家であるとともに、オランダを代表...

2016/6/30

浮世絵版画には鑑賞するだけではなく、「おもちゃ絵」と呼ばれる実際に遊び道具として楽しまれた浮世絵(木版紙製玩具)もつくられました。その種類は、双六、もの尽...

2016/6/17

 「美人画」という用語は、明治時代の文部省美術展覧会いわゆる文展の中で形成された造語で、女性の容姿や内面の美しさを描いたもとするのが通説とされています。 ...

2016/6/9

和田英作(わだ えいさく)(1874~1959)は、近代日本の絵画史上に大きな足跡を残した洋画家です。和田は明治7年鹿児島県垂水(たるみず)村(現垂水市)...

2016/6/9

触れて、遊び、学ぶ、木のアート佐野美術館創立50周年の記念展第3弾。木の特性を知り尽くし、美しいフォルムを造り出す作家、杉山明博。手で触って動物や鳥たちの...

2016/5/24

江戸時代後半、主要な街道の整備が整い、旅や地方の情報が出版され、庶民の間でも伊勢参りや金毘羅参りなどの参詣の旅が多く行われるようになりました。それに伴い寺...

2016/5/21

秋野不矩は、戦後間もない1948(昭和23)年、「創造美術」(現創画会)の結成に参加し、従来の日本画には見られない大胆な画面構成や厚塗りの表現を用いながら...

2016/5/20

資生堂アートハウスでは、2016年4月12日(火)から7月3日(日)まで、収蔵品の中から風景画、花鳥画の名品を中心に展示する展覧会「四季を彩る日本画の世界...

2016/5/20

浜口陽三(はまぐちようぞう)は日本を代表する銅版画家です。さくらんぼやてんとう虫などの小さなモチーフが、やわらかな闇に包まれて、静かな時間を刻んでいます。...

2016/5/18

静岡県立美術館は、風光明媚な日本平の麓にある美術館として、開館以来、日本と西洋の風景画の収集につとめてきました。このたび、開館30周年を記念して、重要文化...

2016/5/12

 型絵染の人間国宝として知られる芹沢銈介ですが、多くの方があこがれるのが芹沢の着物です。芹沢自らが「着られない着物」と称する独創的な着物を多く生み出しまし...

2016/5/11

明治末から大正期以降、修善寺で療養した安田靫彦と新井旅館の三代目主人・相原寛太郎(沐芳)は、美術を通じて親交を深め、靫彦を介して横山大観、今村紫紅、小林古...

2016/5/3

浜口陽三は、銅版画の技法「カラーメゾチント」で独自の世界を完成させた、日本を代表する銅版画家です。カラーメゾチントの代表作を中心に、近年発見された尋常小学...

2016/4/6

20世紀を代表するイギリスの陶芸家ルーシー・リー(1902-1995)。没後20年を機に開催される本展では、初期から晩年にいたる約200点の作品で彼女の足...

2016/4/6

当美術館のコレクションの中から、今回はさまざまな技法で描かれた海や川、湖など水辺の風景画を紹介します。風景画は、ルノワールやモネなどの印象派以降の各流派、...

2016/4/2

水森亜土の世界観とその魅力を紹介します。たくさんの「かわいい」と「夢」がつまった亜土ちゃんワールドをお楽しみ下さい。イベント詳細ページへ会期2016年4月...

2016/4/2

 野島青茲(本名清一)は大正4(1915)年、静岡県引佐郡気賀町(現浜松市北区細江町気賀)に生まれました。気賀尋常高等小学校(現浜松市立気賀小学校)を卒業...

2016/3/30

絵の中のかたち、彫刻のかたち、仏像のかたち。美しいかたちは、ジャンルを超えて見るものを魅了します。本展ではリニューアル休館中の上原仏教美術館の名品とともに...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ