江戸のそら―広重の浮世絵に見る気候表現― | 同時開催:職人ワザ―浮世絵を支える彫りと摺り―

2019年1月 8日 10:00

   ■江戸のそら名所絵師として名を馳せた歌川広重は、特に季節のうつろい・天候の変化・時間の経過などを効果的に作品に取り入れ、高い評価を得ました。移り変わる空の表情を巧みに切り取った作品は、現代に暮らす私たちにも浮世絵に描かれた江戸時代の雰囲気を伝えてくれます。浮世絵に描かれた様々な「そら」と、その下で暮らす江戸時代の人々の様子をお楽しみください。■同時開催:職人ワザ浮世絵は、絵師・彫師・摺師による分業制で作られていました。美しい浮世絵を作り上げるためには、絵師の技術だけでなく、彫師と摺師の技術も欠かせません。本展では、浮世絵を支えた彫師・摺師の様々な技法を、間近でご覧いただけます。

イベント詳細ページへ

会期

2019年2月5日(火) ~ 3月31日(日)

会場

静岡市東海道広重美術館

所在地

〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比297-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ