起点としての80年代

2018年9月22日 10:17

   1980年代は、「インスタレーション」や「メディア・アート」など、今日の美術表現に繋がる重要な動向が生まれた時代です。「美術」ではなく「アート」という言葉がよく使われるようになり、美術館やギャラリー以外にも「オルタナティブ・スペース」が登場し始めたのもこの時代でした。日本の戦後美術は、「具体」や「もの派」といった1970年代の動向までは、近年国内のみならず欧米でも急速に研究が進んでいますが、80年代はまだこれからです。本展は、金沢21世紀美術館、高松市美術館と当館の3館による共同企画展です。70年代の試みを引き継ぎながら、現在のアートシーンの源流となった1980年代の日本の美術を探ります。

森村泰昌≪肖像(ゴッホ)≫1985年 高松市美術館蔵

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月5日(土) ~ 3月24日(日)

会場

静岡市美術館

所在地

〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階

インターネットミュージアム
静岡県 最新記事
2019/1/19

気軽に寿司を食べられる場所として人気の回転すし。さまざまなネタが乗った寿司が、ぐるぐるとレーンを回る様子は、今ではすっかりお馴染みの風景となった。 ところ...

2019/1/19

小麦粉の生地の中に餡(あん)を入れ、円柱のような形にこんがり焼いた「アレ」。すぐピンと来ない人は、下の写真を見て欲しい。これだ。 今川焼き、大判焼き、回転...

2019/1/18

就活する大学生へのアドバイスとして、「説明会で机の上にペットボトルのお茶を置く学生は落とされる」という話が、インターネット上で注目を集めた。いわゆる「就活...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ